昭和27年創業の地元老舗地域密着企業 石狩市の一般住宅解体工事はNAKASOKUにお任せください! 昭和27年創業の地元老舗地域密着企業 石狩市の一般住宅解体工事はNAKASOKUにお任せください!

NAKASOKUの解体が
選ばれている理由

ワンストップで解体工事

「不動産売買」「測量」「解体」などワンストップで解体工事の対応が可能です。

迅速・丁寧・周辺への配慮

住宅やアパートから物置・倉庫などの建物の大小を問わず工事の迅速さ・丁寧さ・周辺地域への配慮を心がけています。

面倒な手続きもお任せ

建物を解体した後のお手続きも、当社でご紹介する土地家屋調査士に依頼することも可能です。

油圧ショベルの画像
使用重機:KATO HD514

最先端の重機で騒音・排ガスを抑制

当社の解体工事現場では住宅街の中での工事が多いため、騒音や排ガスを抑制する重機が活躍しています。作業中の安全管理はもとより近隣のお住まいいただく住民の皆様への配慮を怠りません。

会社概要

会社の外観写真
所在地 石狩市花川北7条3丁目49番地1 石狩不動産ビル
フリーダイヤル 0120-061-327
TEL 0133-74-2567
FAX 0133-74-2568

工事中は専任担当者が責任を持って対応します!
当社はお客様から「頼んで良かった」と言われる地域一番店を目指して社員一同頑張ってまいります。

  • 代表 中島 量
  • 取締役 中目 泰人
  • 課長 安藤 由美
  • 若山 航太
  • 亀井 琢磨

お電話でのお問い合わせはこちら

0120-061-327

施工事例

実際の「施工前」「施工後」の事例を写真付きで紹介します。

Before

After

Before

After

Before

After

Before

After

Before

After

Before

旧花畔市街浄水場

After

旧花畔市街浄水場

Before

旧市営住宅南花川団地

After

旧市営住宅南花川団地

解体工事カタログ

Coming soon!

相談の流れ

  1. 01お電話、メール、お問い合わせフォームからご相談下さい。

    TEL:0120-061-327
    メール:

  2. 02解体予定建物の正確な所在・地番を教えてください。 正確な住所は固定資産税の納付書や不動産の登記記録にも記載されています。

    登記簿見本
  3. 03営業担当が解体予定建物の現地確認を実施 建物の解体には大気汚染防止法によりアスベストの含有調査が必要になりました。
    詳しくは、営業担当よりご説明いたします。

  4. 04家屋内部に残置物が有る場合は内部も確認させて頂きます。 家屋の残置物は有料ゴミ袋を使用して家庭ごみで処分して頂くのが一番安く処分できます。
    しかしながら、ご自身で全て処分するのが大変な場合は当社がお客様に代わって、処分の手配をさせて頂きます。(有料)

  5. 05お見積書作成 お見積書は3営業日以内にご提出させて頂きます。
    お見積書の価格、工期、日程、工法等、営業担当とお打合せ頂いた後、正式にご依頼いただきます。

  6. 06契約締結 解体工事の請負契約を締結し工事作業に入ります。

お客様の声

先日、父が亡くなり、不動産の相続手続きを依頼しました。 多くの必要書類を取り寄せ、市役所や法務局へ何度も足を運ばなければいけないなど、平日昼間に自分で動くのは難しいので、専門家にお願いすることにしました。
石狩の土地のことは、地元石狩の専門家に頼むのが一番だと思い、中島社長にご相談したところ、中島測量設計さんの2階にある司法書士事務所の遠藤さんをご紹介いただきました。
私自身、仕事や家事に忙しいものですから、依頼先が自宅から近くて訪問しやすいのが何よりでしたし、中島測量設計さんの会社にいらっしゃるパートさん方がいつも笑顔で対応して下さることも気持ち良いものでした。 中島社長は、素人の私にもわかりやすい言葉で説明して下さいましたし、手続きの進捗状況をこまめにご連絡いただけたので、安心して手続き完了を待つことができました。
また、私には海外に住む親族がいるものですから、多少特殊な手続きになりましたが、その点もスムーズにやって下さり、あっという間に手続きが完了しました。
身内が亡くなると、悲しい中でもやるべきことが多く、自分1人では大変な状況になりますが、そういう時こそ顔の見える地元の専門家の力をお借りするのが安心できると思います。
また何かあればご相談に伺おうと思っています。

よくある質問

特に必要な書類は有りません。解体予定家屋の正確な住所をお教えください。
お見積もりに関しましては、現地の確認から3営業日以内にご提出させて頂きます。
残置物が残っている状態でもご依頼可能です。当社では市内の一般廃棄物処分業者に依頼して残置物の処分費も解体見積もりと併せてお見積もり可能です。
尚、買い取り業者も併せて手配が可能です。少しでも残置物を減らして費用を安価に抑える事が可能です。
空き家を解体する事が決まっている場合は、土地のみ相続して頂ければ、空き家は被相続人名義のまま解体が可能です。(相続登記費用を節約できます)。当社にご依頼いただければ、司法書士の手配(相続登記)、解体、測量、売却等、当社が全てワンストップで手続きのお手伝いをさせて頂きます。ご相談は無料ですので一度ご連絡いただければと思います。
未登記建物でも解体する事は何ら支障が有りません。当然未登記ですので、建物の滅失登記を申請する必要もありません。地方公共団体に建物を解体した旨を届け出れば、翌年度から建物の固定資産税も課税されません。既登記建物で有ればこの手続きも不要です。
年末に建物を解体する場合は気になるところですね。1月1日付けで建物が有ればその年度は建物の固定資産税が課税されますので、できる限り年をまたがないように工期を組ませて頂きます。
尚、冬期の解体も可能ですが、降雪前の現場確認が必須です。また、天候によっては2週間程度の工期が必要となります。
一般住宅(35坪前後)の木造2階建の家屋で内装解体工事に2日。建物解体工事に5日。整地に半日。合計で7日~8日程度で解体が可能となっています。冬期間では天候にもよりますが2週間程度の工期が必要となります。
解体前に建物内の貴重品の確認をお願いしています。完了時は写真などでご報告が可能です。
喜んでご相談に乗らせて頂きます!多くのお客様は築年数が古いと『こんなに古い家はもう解体するしかないね』というお客様が多数です。しかしながら、近年は古い住宅でもリフォームやリノベして綺麗に使われている方が沢山います。まずは、現状のまま販売してみましょう。先行して建物を解体すると解体費用を持ち出すことになりますので、売却先が決まってからでも解体は遅くありません。
当社の解体工事現場では住宅街の中での工事が多いため、騒音や排ガスを抑制する重機が活躍しています。作業中の安全管理はもとより近隣のお住まいいただく住民の皆様への配慮を怠りません